アラサーOLひとりたび

セレブじゃない。バックパッカーでもない。フツー女子に贈る、海外"ひとりたび"の作り方。

旅の経歴書 その①~デビュー編〜

 

「TAOの旅のセンスってどんな??」

 

このブログでオススメする “ひとりたび” を実際にやってみるとどんな旅になるんだろう?

 

と、思った人、いらっしゃるかと思います。

そんな人へ向けて、私の今までの旅の経歴を、どどんとご紹介します!

 

海外デビューから2019年現在まで、時系列に書きました。

 

TAOがどんなステップを踏んできたのか、

どんな失敗・学び・感動・楽しさを味わって旅にハマってきたのか。

 

旅のプラン作りにも役に立つかも!? 

 

まずはデビュー編から♪

 

【海外渡航歴】

  • 渡航回数: 21回
  • ひとりたび回数: 9回
  • 行った国: 20カ国
  • 行った都市: 36都市



 

 

 

ベトナム(ホーチミン)

f:id:solotrip-lover:20190427192138j:image

 

初めての海外!
海外デビューは大学の卒業旅行

 初めての海外は大学の親友3人での卒業旅行。

「初海外がベトナム?」

ってよく言われるけど、親友2人はハワイもグアムも行ったことがあったんですね。

ちょうどその頃、「雑貨がカワイイ」「料理が美味しい」って、ベトナム女子旅が注目されだしていたらしく、卒業旅行はホーチミンに決定!

 

ほんっっっとうに友達任せでガイドブックすら買わずに行きました^^;

今考えると有り得ないんだけど、「知らない」ってコワいですね…。


行ったところ・やったこと
  • クチトンネル(ベトナム戦争時、ゲリラ戦に使われた地下トンネル)
  • 水上人形劇
  • ベンタイン市場
  • セントラルモスク
  • サイゴン川ディナークルーズ etc…
旅のプラン
  • パッケージツアー(フリープランだったと思う。)
  • 中国系の航空会社/経由便(北京だったか香港だったか)
  • サイゴン川沿いのこじんまりしたブティック(?)ホテル
こんな旅でした
  • とりあえず「海外では水道水は飲めない」ということだけは事前に聞いたので、スーツケースにペットボトルの水を10本くらい詰めて出発(苦笑)
  • メコン川クルーズでフランス人の感じの良い老夫婦と出会う。大学の授業で唯一覚えたフランス語「Je m'appelle TAO!(私はTAOです)」を人生で初めて使えてテンションが上がる。
  • 海外の危険性を知らなすぎて、日本の感覚で夜ひとりで外出。物乞いの子どもに囲まれて困惑するもローカルの母娘が助けてくれる。ホテルに戻ったら親友2人が大心配してくれてた。M・Y、その節はごめんよ。
  • 市場で働く同年代女子が日本語ペラペラで尊敬する。発展途上国のアグレッシブさを知る。

  

グアム

f:id:solotrip-lover:20190427192232j:image

 

初めて自分でツアー手配

初めての海外はとっても楽しかった!

だけどその後は新社会人としての毎日に追われ、海外とは無縁な日々を過ごしてました。

そして仕事にも慣れてきて、時間とお金にちょっと余裕が出てきた28歳。

海外旅行好きな友達と「グアムでも行くか♪」となって、初めて自分で手配してみることに。

キレイなビーチでのんびり&ショッピング旅行

キレイなビーチでまったり癒されたい。

 できれば日本人も子供も少ない落ち着いたところがいい。

コスメやサプリ、靴にバッグ、ショッピングも思いっきり楽しみたい!

ホテルのバルコニーでカクテル片手に朝までガールズトーク♪

 

そんな “ THE 女子旅” 

ベタだけど、こういうのがやっぱ楽しいのだ。


行ったところ・やったこと
  • ファイファイビーチ
  • マイクロネシアモール
  • グアム プレミアアウトレット
  • デデドの朝市
  • パラセーリング  etc…

 

旅のプラン
  • パッケージツアー(フリー)
  • ユナイテッド航空/直行便
  • 繁華街からちょっと離れた四つ星ホテル

  

こんな旅でした
  • 飛行機って離着陸の時はリクライニングしちゃいけないんだ、って知る。(というか、テンション上がってソッコー倒した結果、CAさんに冷ややかに注意されて恥をかく(汗))
  • フライトは遅れたり、搭乗ゲートが変わることがフツーにあるんだ!ということも知る。
  • お部屋がオーシャンビューにアップグレードされて喜ぶ(嬉)
  • オプショナルツアーを予約したのにお迎えが来ない…。現地オフィスに電話すると、なんと日本オフィスからの手配漏れ。「スグに向かいます!」と寄越してくれたドライバーさんが日本語上手なめっちゃ面白い人だったから許す!(倒産した「てるみくらぶ」でした…)

 

 

インドネシア(バリ)

f:id:solotrip-lover:20190427192335j:image

 

初めてのひとり旅

数年ぶりの海外旅行 in グアムですっかり海外の楽しさにハマってしまった私。

ちょうど有給消化で、無理を通せば1週間くらいの休みが取れそう!

というタイミングもあって、勢いでチャレンジしちゃいました。 


バリの宗教行事「クニンガン」 を体験する旅

この旅の一番の目的は「無事にひとり旅に行って帰ってくること。」

だけどちょうどよく、バリの大きな宗教イベントの時期と重なっている時期。

お寺や宗教文化に興味があるので、ガイドさんに頼んで、お参りを体験させてもらいました。

お参りするには民族衣装「クバヤ」を着ないといけない、ということで、それもちゃんと買いましたよ~。

もちろん、マッサージ&スパ巡りビーチでまったりと癒し要素もたっぷり♪

初めてのひとり旅は、本当にいろんな経験をしたから、また別記事でゆっくり書こうと思います。


行ったところ・やったこと
  • サケナン寺院(スランガン島)
  • タナロット寺院
  • ジェンガラ・ケラミック本店
  • クロボカン&スミニャック街歩き
  • スパ&マッサージ三昧
  • Myクバヤ(民族衣装)購入 etc…

 

旅のプラン
  • パッケージツアー(フリー)
  • シンガポール航空/シンガポール経由
  • のんびりしたビーチエリアの四つ星ホテル(バリハイアット)
こんな旅でした
  • そういえば国際線の搭乗手続きってどうやってやるのか、よくわかってないってことに空港で気づく。
  • 不安と緊張が大きすぎて、着いた瞬間「ヤダ無理、もう帰る!ホテルから出ない!」って誓う。
  • けど、勇気を出して出かけてみたら、ものすごく楽しかった!
  • 最高のスパ&マッサージ体験をする。
  • バリ人の信心深さに心洗われて、神様ってきっとホントにいるんだ!と思う。
  • 熱中症になってホテルの日本人スタッフに助けてもらう。
  • 食べ物を買っても、箸とかスプーンとかついてこないことを知る。
  • ガイドさんをどこまで信用するか悩む(お土産屋さんを勧められまして…)

 
オーストラリア(ケアンズ&ミッションビーチ)

f:id:solotrip-lover:20190427192413j:image

初めての子連れ旅

注:友達の子どもです 笑

友達のお姉さんがオーストラリアに住んでまして。

で、彼女がお姉さんに会いに行くのに付いていきました。

当時2歳の友達の娘と共に、初めての子連れ旅! 


グレートバリアリーフでダイビングデビュー&ミッションビーチに行ってみる旅

ダイビングって昔からやってみたかった。

そしてグレートバリアリーフは憧れの海!

「ミッションビーチ」はネットでたまたま見つけたビーチであんまり有名なとこじゃないんだけど、その落ち着いた雰囲気になんだかとっても惹かれたので、友達のお姉さんにお願いして連れて行ってもらいました。


行ったところ・やったこと
  • ダイビングデビュー in グリーン島
  • ミッションビーチでまったり
  • 憧れのコアラだっこ
  • パロネラパーク
  • エスプラネード ボードウォーク
  • カジノ@プルマン・リーフ・ホテル etc…
旅のプラン
  • パッケージツアー(フリー)
  • ジェットスター/直行便
  • 繁華街外れの三つ星?ホテル(ケアンズ)
  • オーシャンフロントのブティックホテル(ミッションビーチ)
こんな旅でした
  • 某格安旅行会社にツアーを依頼したら、Eチケットの性別が「男性」に。あやうく飛行機乗れないとこだった…(汗)
  • ホテルのカードキーには、コツが必要なことを知る。
  • ホテルのエアコンが効かなくても、部屋の電話が通じなくても、まぁいっかと思えた。
  • 友達のお姉さんのおうちで、初めて海外の生活をのぞきみる。
  • カジノの楽しさを覚える(!)
  • 海外用SIMカードを買ったのに、なぜか電話が使えなくて慌てる
  • オーストラリア人の子連れへの優しさに心温まる。

 

さてさて、長くなってきたので、いったんここまでとしようと思います。

ここまでは、海外デビューしたばかりの頃のお話。

次回からは、ちょっとだけ慣れてきたので、いよいよ個人手配にチャレンジしたときのお話です。

 

www.solotrip-lover.com

 

 

お読みいただき、ありがとうございます!